院進学が決まり、今後のキャリアプランについてのご相談です。

大学院卒ならではのキャリアプランはありますか

大学院に進学が決まりました。
そこで大学の同級生たちと卒業後の進路について話し合いをしたのですが、そこで知人の一人から「大学院卒になれば初任給が高くなるからね」といったことを言われました。
確かに企業からの求人票を調べて見ると、新卒時の初任給や基本給は学歴が高くなるほど高めに設定されていることがわかります。

私自身、早い段階から大学院への進学を意識してきたこともあり就職活動はまだまだ先といった意識がありました。
しかし改めて考えてみて、大学院卒という学歴がつくことで得られる就職上のメリットというのは基本給が上乗せされる以上のことがあるのかという疑問が浮かんできました。

初任給や基本給が優遇されることはもちろんよいことですが、それだけではない大学院卒ならではのキャリアパスというものはあるのでしょうか。

研究職を狙うなら在学中にコネ作りを

世間一般的には大学院卒というのは、大学卒以上の専門的知識や技能がある人材という扱いを受けます。
同じ企業の初任給が異なるのもそのためで、同じ業務を任せるにしても学識経験のある大学院生の方がより高度な技能を持って行うことができるとみなされます。

しかし特に理系学部の場合には、そうした基本的能力の向上にとどまらない大学院卒に限定した専門職も多く存在しています。
その代表的なものが修士以上の学歴がなければ取得ができない医師免許ですが、医療系は少し他の学部と異なる体系で運営されているので一旦除外します。

大学院卒限定で募集される職業としてはまず全国の研究所の研究員があります。
研究所は理化学や工学など理系分野の複数のジャンルがあり、基礎研究や応用研究など特化した部門で実績のある人が採用されます。

民間企業でも大企業では研究所を置いていますが、そうしたところでも修士卒を優先的に配属するようになっています。
ただし研究職は募集人数が少ないため、大学と太いパイプのある企業に推薦をもらうなどしないと中々希望するところに入ることができません。

研究職以外で狙うならマネジメント系

研究職以外に理系修士卒を優先しているところとして、設計開発や製造技術開発、品質管理といったマネジメント部門があります。
これらの業務は研究所やメーカー以外にも食品や衛生用品などを扱う工場では必ず置かれているため、幅広く就職先を探せます。

修士卒でなければ大卒でいずれかの企業で経験のある人が採用される部門なので、いきなりマネジメント業務に就くことができるというのはかなり大きなメリットであると言えます。

ただし同じ院卒でも一般企業への就職が有利になるのは修士卒の方で、博士後期課程卒(ドクター)はどちらかというと敬遠されがちになってしまいます。